ゆうちゃんの言葉庫〜何故か心に刺さる文章達の居場所〜

沢山沢山経験してきた僕が、 思ったこと、感じたこと、 徒然なるままに残していきます。 また、旅の日記なんかも書きます。

「友達」という”有り難い”存在。

f:id:rodantanbike:20161127234618j:plain

友達

 

っていると思う。

多い人、少ない人いると思うけども、
友達っていると思う。

でも、言いたいことが言えたり、深い話ができたり、
本気の付き合いができる人って意外と少ないように思う。

 

将来の話。恋愛の話。エロい話。超ぶっちゃけた話。

気軽に話せるっていいなーと思う。

昨日旅行したメンバーがみんなそんな感じなんだけども
すごく楽しい。一緒にいるだけで楽しい。

みんな特に気を使うこともなく、
生活できるっていいよね。

大学生活の4年間ずっと一緒とは言わないながらも、
いい感じの距離感で同じ方向性できたからこその雰囲気。

会話の内容もなんとなく将来の話が多くなっていって、

大人になるんだな、社会人になるんだな、

って気持ちにはなるけど、それすらも楽しめる感じがとても好き。

 

ちょっと前に何かの動画で見たんだけど、

『当たり前』の反対言葉

ってあるじゃないですか。
結構有名だから知っている人は多いと思います。

 

あることが普通。

そういうモノやコトって多いと思います。

ふと身の回りを見たら、そういうもので溢れていると思います。

 

でもね。

あることが普通なものなんて何もないんです。

全部あることが難しいんです。

 

「人」に例えます。

何故かはわかりませんが、人って結構永遠に生きているように感じますよね。

「明日」って必ずくるってみんな自然と思っている。

でも、明日が必ずあるって確証って実はないじゃないですか。

もしかしたら病気になってて、朝起きれないかもしれない。

交通事故にあって、明日がないかもしれない。

 

だから、あることは普通じゃない。当然じゃない。

有り難い

 

ずっと仲良くしたい人達がいて、

当然じゃない、居るのが有り難い人がいて、

僕は幸せです。


おわり。

広告を非表示にする