読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうちゃんの言葉庫〜何故か心に刺さる文章達の居場所〜

沢山沢山経験してきた僕が、 思ったこと、感じたこと、 徒然なるままに残していきます。 また、旅の日記なんかも書きます。

勝手に音信不通になるでないよ。ーだから学生は…って言われないようにするためにー

ふと思ったこと

f:id:rodantanbike:20170129205347p:plain

“学生と社会人の違い”ってなんですかね。

僕は一言で表すと、『責任感』だと思っています。

今日は責任感という言葉をベースに、学生に対して言葉を残します。

まずなんでこんなことを話しているかというと、僕、2年程とある会社の社長のかばん持ちをしているんです。

そこでは『半分学生、半分社会人』というちょっと変な身分で活動をする機会が沢山ありました。
そこで色々体感するんですね。特に、学生でいる時と、社会人でいる時のギャップを。
まだ完全な社会人ではない点でまだまだわからないことが多いのですが、

1番学生に近い社会人として何か話せたらいいなと思ってます。行ってみましょ〜

 

学生には、甘えが許される

学生には、甘えが許されます。
学生だからね。って感じで。

僕もお世話になったことがあります。本当は良くないけど。でもお世話になったからこそ、その意味と重さがわかると思ってます。

具体的な甘えってどんな感じかというと、任されたことに対して納期を守れなかったりやらないといけないことを後回しにしたりしたり、連絡が遅かったりするなど。

 

相手の立場に立ったらすぐにわかるような、ちょっとした無責任行為。

 

相手の目線での考えが極度に薄い

これに尽きるのかなーって。
目線の向け方が全く違うんですよね。

例えばの話をします。
何か仕事をまかせたとしますね。

仕事の全体から見たら何が1番大切だと思いますか?
それは、仕事が最後までしっかり完遂されることです。

そこから逆算して考えると、1つ1つの仕事は誰がやってもいいんですよ。ちゃんとやってもらえれば。
でも学生はよく仕事を溜め込み、そして、振ることなしに、勝手に潰れる。

自分が任されたから…と、あくまで1人でやることに拘る。

段々と悪い循環が回っていきます。

 

 

どんな風に考えるのがベストか

少し書きましたが、 仕事は最後まで完成させることが1番大切です。

言い換えると、相手に迷惑をかけないことが1番大切です。

 

そこには、あなたのプライドは必要ありません。

そこをまず考えてください。
そうしたら、自分がどうしたら良いか、自ずとわかってくるはずです。

他の人に振った方がいいのか。
早めに処理した方がいいのか。
他の人の知恵を借りた方がいいのか。

そうやって仕事を進めていくことを心がけてみてください。

 

あと、よくあるのが、音信不通になるパターン。

いわゆる消えるパターン。

 

本気で消えるつもりなら、まだいいです。(1番人として最悪ですが。)
少し気分が乗らないとか、そういう理由で、すぐに返せる返事をあと送りにしたりとか。

そういう理由で大きな目で見た仕事を滞らせることは、やってはいけないですね。

 

 

 

社会人から見た嬉しい学生

 一言で、リアクションが早い人。

連絡の返事の速さ、仕事を振った時の処理の速さ、

そういうところが信頼の一つ目になっていくかと考えています。

僕はそうやっていきました。

 

簡単に、そして少しまとまりのない文章になりましたが、こんなことをふと思ったので、残しました。

「はっ」とした人、もしいたら、少し考えて見てください♪( ´▽`)

 

笑顔で楽しい毎日が来ますように

 

ゆうちゃん

 

 

 ===過去の記事===

u-tanblog.hatenablog.com