読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうちゃんの言葉庫〜何故か心に刺さる文章達の居場所〜

沢山沢山経験してきた僕が、 思ったこと、感じたこと、 徒然なるままに残していきます。 また、旅の日記なんかも書きます。

大学生のほとんどの人は、自分が“いかに普通か”を1回自覚したほうがいい。

f:id:rodantanbike:20170211191259p:plain

『自分は特別な人間だ。』

『本気出したら、絶対に結果を出すことができる。』

そんなこと思っている人いませんか。

本気っていつ出すんですか??
いつその才能は開花するんですか??
そのために何かやっているんですか??

学生からよく聞くこの言葉を元に、書いていきます。

周りより自分はできるやつだ。って思っている人いるよね。

根拠のない自信はとってもいいと思うんだ。
特に理由はできる気がするとか、そういうのはとってもいい。

 

でもさ、なんだろうな。
周りを見下している視線でいる人っているよね。

 

「なんだよ、何もできないな。」
「俺がやった方が早いし、クオリティ高いし」

なんて思ったりしてないかな。

 

特に多いように思うのが、中学校の時にちょっと成績がよかった人。
ちょっと頑張っただけでなんとなく成果が出る人。

こういう人って、大体プライドが高い。

そのくせ、何もできない。

あ、怒った人いますか?
煽りとかでなくて、それは図星で怒ってるんだと思います。
なんでこんなこと言ってるかって、「僕がそうだったから。」 

現実から目を背けるな。

僕は、自分のできなさ、無力さを、『他人のできないところを探して、それより上であることをもとに』優越感を持って自我を保っていた。

でもそれって限界あるんだよね。
周りは成長していくし、どんどん取り残されていく。

でこう言うんだ。

『俺は本気出してないだけ』

って。

 

すごい現実逃避。
気持ちはわかるけどね。

 

一言、言わさせてほしい。

本気を出してないだけ、とか言ってる人は一生そのまま。
ただの現実逃避に過ぎない。

それって、ただ現実を見てないだけだよ。
逃げてるもん。

自分の無力さ絶対感じてると思うのに。
それを誤魔化して、隠して。

わかるよ。見る人から見たら。

でもそんな「ちっぽけなつまらないプライド」を一生懸命に守っている

 

現実から目を背けることってすごく楽。

自分を守る手段としては1番いいかもしれない。
だってできない自分を見なくていいから、傷つくこともないし、プライドも守ることができる。

小さい自分の殻に籠って、外の世界をあえて見ないようにする。

 

 

そうやって、何か変わるのかな??

 

自分は普通であるということを知って、初めて人は成長できる。

良くいう話だけど、自分を知ることが、成長するために1番大切なんだ。

自分の立ち位置をちゃんと知って、
自分の持っているもの、持っていないもの、ちゃんと理解して。

どうやって初めて成長できるんだと思うんだよね。

 

そんなさ。初めからすごい人なんていないじゃない。
下記の記事でも言及したけども、

u-tanblog.hatenablog.com

 

誰だって、過去があって、
できない時代を経て、そこで誰よりも頑張ったから、有名になるわけだよね。

 

そう考えると、さっき言った、プライドなんてどうでもいい。

本当に、どうでもいい。

 

必要なのは、自分がいかに普通かを知って、認めること。

特別な人間でないということを知ること。

悲劇のヒーローでもないし、能力者として世界を救うものでないことを知ること。

 

でも。これからヒーローになれるということも知ること。

 

 

自分を知ることが大切なんだな。

結局さ、自分に嘘をつかないというか、正直に生きることがすっごく大切なんだよね。

で、ちゃんと自分のことを知ってあげる。

 

成長だ!!とかインターンだ!!とかやってないで、
自分の実力を誇示するためになんか動いてないで、

 

他人を意識した行動はやめて。

一歩一歩進めてください。

 

とはいえ、僕もそんな感じだったな。
で、それを認識してから本当に凹んだ。

でも、それを乗り切らないと先がないんだな。

だから頑張って欲しい。

 

明日も笑顔で楽しい1日になりますように。

ゆうちゃん。