読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうちゃんの言葉庫〜何故か心に刺さる文章達の居場所〜

沢山沢山経験してきた僕が、 思ったこと、感じたこと、 徒然なるままに残していきます。 また、旅の日記なんかも書きます。

ONE OK ROCK の新曲『we are』がいい曲すぎた話。

ONE OK ROCK 考察

f:id:rodantanbike:20170126232735j:plain

ONE OK ROCK

好きですか?

僕は高校生の時からずっと好きで聞いています。
1月11日に新アルバム『Ambitions』がリリースされましたが、その中で『we are』という曲があります。

NHKで放送された「18祭」で若者のために作られた曲みたいなのですが、
その歌詞がすごく良くてみなさんと共有したかったので、残して行きます。

 

まず、歌詞を書いていきますね。(曲を聴いて、自分で直打ちしたものです。)

They think that we’re no one
We’re nothing, not sorry
They push us
It’s too late, it’s too late
Not going back

夢は終わり 目を覚ます時 絶望や希望も同時に目を覚ました
鏡に映った 僕が問いかける
自分を誤魔化し 生きることに意味はあるか

When you’re standing on the edge
So young and hopeless
Got demons in your head
We are, we are
No ground beneath your feet
Now here to hold you
‘cause we are, we are
The colors in the dark

酷く痛む 鼓動は早く
遠のく景色を この手で掴もうとした

They are the weakest
They don’t even know
Anything they say
Will never break our hearts of gold

When you’re standing on the edge
So young and hopeless
Got demons in your head
We are, we are
No ground beneath your feet
Now here to hold you
‘cause we are, we are
The colors in the dark

Never tell yourself
You should be someone else
Stand up tall and say
I’m not afraid, I’m not afraid
So never tell yourself
You should be someone else
Stand up tall and say
I’m not afraid

When you’re standing on the edge
So young and hopeless
Got demons in your head
We are, we are
No ground beneath your feet
Now here to hold you
‘cause we are, we are
The colors in the dark

 18祭で若者に向けて歌ったらしく、僕たち若者に響くというか、グッとくる内容が多いように感じました。
ちなみに僕は最初に聞いた時、涙出ました。

u-tanblog.hatenablog.com

 

ここで少し話したのですが、

 

『自分の気持ち、自分自身に嘘つかないで生きろよ』

 

そんなメッセージを感じる曲だと僕は解釈しています。

1番好きなのが、ここです。

鏡に映った 僕が問いかける
自分を誤魔化し 生きることに意味はあるか

毎日自分に問いかけたい言葉になったのですが、まさにこれだなって思うんですね。

僕は今学生です。
色々ブログを書いているんですけど、学生です。

 

学生って、すごく不安だと思うんですね。

今までの時代は頑張っただけ成果として反映された時代。

最近の若者は…とか言われたり、ゆとり世代とか言われたりする世代。

 

なんだろうな。なんとなく自分に嘘をつく、どこかうまく自分を表現できていない、モヤモヤする、そんな人って多いように思うんです。

僕もそうでした。
なんかプライドが高くて、でも特に何もやっていない。
自分の感情に蓋をして、嬉しいとか楽しいとか悲しいとかそういうことから目を背けていたように思います。

ONE OK ROCKのvocal takaがどんな経験をしてきたか、全てを知ることはできませんが、『テッペンを極める努力を誰よりもしてきたこと』は間違いないです。

そんな人が放つ言葉。 『we are』から読み取れる気がする言葉。

みんな可能性を秘めてる。原石のように。
それを輝かせるのは自分次第。
お前は他の誰でもない。悩んでいるは、みんなそうだし、みんなそうだった。
自分に嘘つかないで、前向いて一歩踏み出そうぜ。

他にも好きな曲は沢山あるんだけど、ここ最近で1番響いた曲でした。

 

迷っている人、一歩が出ない人、沢山いると思います。

僕もまだその1人です。

是非聞いて、感じてみてほしいです。

 

今日はそんなところで。

 

笑顔で楽しい明日が来ますように。

 

ゆうちゃん。

 

 

===合わせて読みたい=== 

ONE OK ROCKの『I was king』についての考察ブログ。

u-tanblog.hatenablog.com