読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうちゃんの言葉庫〜何故か心に刺さる文章達の居場所〜

沢山沢山経験してきた僕が、 思ったこと、感じたこと、 徒然なるままに残していきます。 また、旅の日記なんかも書きます。

過去の自分を振り返るってすごく体力と精神力を使うけど、色んな気持ちになれるからやってみるといいと思う。

f:id:rodantanbike:20161213032804p:plain

過去を振り返ることって結構しないと思う。

僕は大学4年生なのだが、結構色々な経験をしてきたと思う。
就活の時に一回思い返したりしたことはあったけど、
腰を据えてちゃんと振り返ることって中々ない。

 

過去を振り返るって、結構体力と精神力使うじゃないですか。

 

自己紹介で簡単に触れたような気がするんですけど、

u-tanblog.hatenablog.com

 

僕は今「半分学生」「半分社会人」という身分で色々活動をしているのですが、
その中で「経験者は語る会」というイベントを2ヶ月に1回開催していました。

時間にして、約2年

どんだけ忙しい時も欠かさず開催してきました。

 ちなみに経験者は語る会とは、
八王子で活躍されている経営者を中心とした社会人を登壇者としてお呼びして、「人生の先輩」を生き様を語っていただく会です。

 

そして今日、遂に、卒業講演として登壇者として今までの経験を話すことになりました。
それで過去を振り返っている訳なんです。

今回は、過去を振り返ってみて感じたことをここに残します。

 

●感謝の気持ちが溢れる

いきなり落ちみたいな感じになりますが、感謝の気持ちが溢れます。
本当に沢山の人にお世話になって生きてきた人間なので、
そんな人たちからもらった言葉とか、経験とか、一つ一つが蘇ってきて
辛かったこと、楽しかったこと全部思い出されてきて、

ここまでの軌跡を見直すきっかけになりました。

単純によく頑張ってきたなあ・・・というのもそうだし、
やりきったぞ・・・というのもあるし。

不思議な色々な感情が溢れてくる。

 

●自分の実績を冷静に見直せる

これから社会人になるということである意味身の回りの整理が必要に思っています。
改めて、「自分は何者なのか」ということから、「どんなものを得てきたのか」、「どんなことが好きで嫌いなのか」などなど

色んなことを見返すことができます。

個人的にこれから必要になってくるのって、
自信だと思っています。

でも、無鉄砲な、自分をよく知らないでくる勘違いな自信ではなくて、
これだけやってきた、という実績ベースの自信なのではないかな
と思っています。

そういう意味で、今の時期に見返せたのは良かったかも。

 

●準備を全力でする

準備で8割、本番で2割とか、もっと極端な割合を言ったりする人もいると思うんだけど、
すごく準備します。

だって、人前で話す訳だし、社会人の方々も来てくれるということになると、
尚更頑張らないといけないっすな。

特にPPTなんて、過去最大級にこだわって作ってる。

ここまで本気で準備したくなるイベントも中々ないな〜。

限られた時間で、何を伝えることができるのか、
本当にこだわっていきたいなんて思っています。

 

 

僕はただの学生です。
でも、色々運が良くて、ちょっと普通じゃない経験を沢山積まさせてもらうことができました。

 2年間も続けられたこのイベント。

正直辛いことの方が多かったように思います。

でも、このイベントのお陰で僕は成長できた。

初めはイベント(笑)って馬鹿にされることも多かったし、
未だに「経験者は語る会(笑)」とか言われることもあります。
以前所属していた学生団体からは白い目で見られるし、辛かった。

初めは悔しかった。
でも何も言えなかったんですね。
僕自身、運営がうまく言ってなかったし、参加してもらえる人に自信を持って提供できるものを中々作れていなかったから。

 でも段々と自信をつけていって、
今ではなんで来ないの?と本気で言えるくらいには、会を成長させられた。

そのイベント人生の締めくくり。

 

その時間まで、あと少し。

 

 

ゆうちゃん。

 

===過去記事===

 自分を認めることって難しいなあとふと思った時に書きました。

u-tanblog.hatenablog.com